お米の通販どれが良いのか|本当に美味しいご飯人気ランキング

MENU

特Aに選ばれた人気のブランド米の口コミ・レビュー

新潟県の農家の生まれの管理人が全国の美味しいお米を求めて通販お取り寄せしてます。特Aに選ばれたものだけでなく、ご当地ブランド米についても紹介していきます。毎日、当たり前のように食べているお米。そのお米に等級(ランク)がついているってご存知ですか?実はお米については2種類の等級がつけられていて、それぞれ意味が違うんです。ちょっとした豆知識として、知っておくといいですよ。

 

 

お米のランキングについて|等級とおいしさ

お米につく等級は2種類ある

お米の等級(ランク)は、農林水産大臣登録の農産物検査員によるものと、日本穀物検定協会が毎年おこなっている評価の2種類があります。実はこのランク付けは、それぞれ持っている意味が全く違います。まずは農産物検査員によるランク付けからみてみましょう。
農産物検査員の等級は、1等・2等・3等・規格外の4種類です。スーパーなどでお米を買う人はこの等級を見ることはあまりないと思われます。というのも、この等級は玄米(精米する前のお米)の袋にマークされるだからです。袋に検査印が押されていないお米は未検査米とよばれ、未検査米は一般的な流通ルートに乗ることはあまりありません。農家から直接、玄米を購入している人は見たことがあるでしょう。
農産物検査員による検査は、目視です。お米のなかでも色や形がそろっているものを「整粒」と言い、玄米の中に一定量以上入っているものが1等米です。形のほか、虫食いの有無なども見るので、いわば外見のお墨付きですね。もっとも外見がいいお米は味がいいことも多いので、等級が高ければおいしいお米である可能性が高いのです。

 

お米の味についてのランキングもある

お米の食味ランキングは、白米を炊いてご飯にし、試食をして味を評価するものです。正式には、食味官能試験といい、毎年ほぼ全国の産地と品種について実施している試験です。基準となるお米の味は、複数産地のコシヒカリのブレンド米。この味を起点にしておいしいかどうかを見るのです。いわば、味のお墨付きです。

 

食味ランキングの等級は、上から順に特A、A、A’、B、B’の5段階です。特Aは、特に良好なお米に対してつけられます。たとえば、お米の甘さで有名な魚沼産コシヒカリは、特Aランクが導入された平成元年以降、26年連続で特Aランクのお米です。

 

外見のランクと味のランク、それぞれ目的が違う

農産物検査員による等級付けと食味ランキングを一緒のものと思っている人も多いんですが、米粒の見た目や透明感を判定するものか、炊きあがったあとのご飯の味を判定するものかが違います。覚えておくといいですね。

 

 

精白米と相性の良い国産の「雑穀米」

後入れタイプの雑穀米はご飯の味を落とさずに栄養価を上げることができるので嬉しいですね。我が家もお弁当は色つきご飯が良いということで、一日一食は食べるようにしています。

くまもんが可愛い熊本さんの雑穀米が優れているのは、使用されている穀物はすべて純国産ということ。いくら栄養価が高くてもどんな農薬を使っているかわからないのは不安すぎますよね。

麦の香りがよくて、栄養価も高い。
現在50%OFFで購入できるようですので、一度試してもらいたいなと感じてます。 

↓↓クリックしていただければ詳しい情報がみれます。↓↓
特Aのお米通販

特Aのお米通販記事一覧

九州の美味しいお米を通販できるお店「お米の達人」で特Aランクの白米を購入してみました。お米は主食ということですぐに届くか見たところ、関東地方にも課かわらず、注文して2日間で届きました。これは嬉しいですね。大体少ないなと感じてから1週間以内になくなるお米、すぐに届くというのは週末スーパーに行って購入するよりもむしろ早いくらいでしょう。ダンボールには「九州熊本より 産地直送」と嬉しい文字が入っています...

森のくまさんは、熊本県農業研究センターで、平成元年から開発されようやく生産が開始された優良品種です。日本穀物検定協会の食味ランキングで2017年現在3年連続で「特A」を獲得するなど、熊本県内だけでなくお米好きの間でも特に人気の高いお米です。今回は特Aのお米は本当に美味しいのか、コシヒカリ意外に驚くほど美味しいお米は存在するのかを調査すべく、通販を試してみました。今回お米通販に使用したのは、三ツ星お...

ブランド米として近年注目される仁多米をお取り寄せしてみました。島根県仁多郡奥出雲町で栽培されたお米です。山からの綺麗なお水を使って育てられる人気のあるお米なんですよ。2000年5月天皇皇后両陛下がスイス大使館へ行かれたときに、晩餐会に宮内庁が使用したお米としても有名です。やはり神話の土地、出雲ならではでしょうか。神秘的なパワーが入っていそうな気さえしてきます。この仁多米はお米の品種としては「コシヒ...