コシヒカリがおいしい理由|ブランド米の大人気品種

MENU

コシヒカリがおいしい理由|ブランド米の大人気品種など

コシヒカリのルーツをご存知でしょうか。私自身も誤っていたのですが新潟発祥ではないんです。実はコシヒカリは福井県で初めて栽培されました。昭和54年から30年以上国内の作付面積ナンバーワンの超人気ブランド米です。

 

コシヒカリはその特徴として、お米の粘りが強く、旨みと甘みが強いことです。このコシヒカリは実は農家さんは大変苦労する、難しい品種なんです。稲の茎が弱く「いもち病」という植物の病気にも弱いんです。近年栽培されているものは品種改良された「いもち病抵抗性」のコシヒカリであることが多いです。

 

日本人にとってこのコシヒカリは最も味覚が反応するのでしょう、近年栽培されている、ひとめぼれ、ヒノヒカリ、あきたこまち、キヌヒカリなど有名ブランド米はそのほとんどがコシヒカリをベースに品種改良されたお米なんです。

 

 

ササニシキ

コシヒカリよりも粘りが弱くあっさりとした食味を持っています。一緒に合わせるのが繊細な食材でも、その魅力を引き立てることができるのでお寿司にするのがよいと思います。

 

精白米と相性の良い国産の「雑穀米」

後入れタイプの雑穀米はご飯の味を落とさずに栄養価を上げることができるので嬉しいですね。我が家もお弁当は色つきご飯が良いということで、一日一食は食べるようにしています。

くまもんが可愛い熊本さんの雑穀米が優れているのは、使用されている穀物はすべて純国産ということ。いくら栄養価が高くてもどんな農薬を使っているかわからないのは不安すぎますよね。

麦の香りがよくて、栄養価も高い。
現在50%OFFで購入できるようですので、一度試してもらいたいなと感じてます。 

↓↓クリックしていただければ詳しい情報がみれます。↓↓
コシヒカリがおいしい理由|ブランド米の大人気品種