無洗米は美味しくない?無洗米とは何か

MENU

無洗米は美味しくない?無洗米とは何か

無洗米はかなり一般的になってきましたね。昔はお米の研ぎ方についてのテレビ番組もよく見ていた気がしますが、今となったは旧式になりつつあるのですね。無洗米は従来水で研ぐ方法と比較するとヌカを取り除き、うまみ成分が入った表面の層を落とすことがないのが特長です。普通に研ぐよりも旨み層を残しやすいため、水で研がないことでむしろ美味しいんですね。

 

無洗米の栄養価は?|普通のお米と違うのか

無洗米でも従来のお米でも主成分は炭水化物とたんぱく質で同じです。ただし、水で溶いてしまうとビタミンBが溶けて捨てられてしまいます。無洗米ではこのビタミンB1・ナイアシンなどをそのままにすることができるため、炊き上がりには約2倍程度残っているといわれています。

 

無洗米って普通のお米よりも高いの?

普通のお米が精米をして出荷されるのに対して、さらに手間をかけているし贅沢品なのではないかと思っている方も多いのではないでしょうか。想像の通り、無洗米の値段は普通の精白米と比較して2割くらい高くなります。

 

ただ、実際にはその他のところでお得になるようになっているんです。読んでいただけると今なぜ無洗米が一般的になってきているのかがわかります。

 

時間の節約がすごいです。お米を研ぐのに1回5分かかっていたとすると、一年で90時間程度の短縮になるようです。お子さんやご家族のためにお弁当を作っている方などはもっと効果が大きいかもしれません。

 

また、お水の使用量も減るのでその分コストに関する効果は大きいと思います。お米を研ぐお米で水道水が年間1500L程度節水できるという計算ができるのですが、実はうちの場合には実はもっと効果が大きかったんです。我が家ではお米を炊くときのお水と一番最初にお米に吸わせるお水もペットボトルやウォーターサーバのミネラルウォーターを使用していたんです。この作業を行うと500mL程度のお水を使っていることがわかりました。

 

これを無洗米にすることで一回あたり4円くらい浮かせることができました。上の時間の効果と合わせても、すごくお得になるんです。落ち着いて計算してみると驚くほど効果が大きかったです。

 

 

「いなほんぽ」の無洗米の作り方

いなほんぽさんでは無洗米の製造はタピオカ式(NTWP)で行っているようです。NTWPとは、Neo Tasty White Processの頭文字をとったもので精白米に水を加えて、コメについた肌ヌカをタピオカ澱粉で吸着させるという方法です。

 

タピオカ?ってあのスイーツなどに使われているもの?

 

という声が聞こえてきそうですが、その通りです。
タピオカのもちっとした表面に肌ヌカと水の混じったものを付着させて肌ヌカを取り去り、その後乾燥させる方法になります。もともと安全な食品用のタピオカを使ってくれているので洗わなくても安心で食べることができるんですよ。

 

 

その他の無洗米の作り方

無洗米の作り方はタピオカ式だけではありません。それぞれに特徴があるので一部を紹介します。

 

BG精米製法(ぬか式)

お米のぬかを水を全く使わずに取り除く方法です。BGとはBran(ヌカ)とGrind(削る)の頭文字をとって名付けられたものになります。精白米をステンレス製の容器に入れて高速に回転させると金属の壁にお米の肌ヌカが金属側にくっついていきます。セロハンテープが金属につきやすいのと同じような現象を利用しているんですね。この方法ですと勢いよく米粒が金属や一緒に動いているお米とぶつかるためうまみ層が削れやすいという欠点もあります。ただこの時にとれたヌカはそのまま使用できるため、肥料などに利用することができる利点もあります。

 

 

水洗い式

精白米のヌカを水で洗い落して乾燥させるという方法。シンプルですね。結局水の中にビタミン類が溶け出てしまうのではないかと思ってしまいます。おうちでのお米のとぎ汁排出量を減らしたい方のみおススメできる方法です。