白米とおかゆのカロリーは?|お米の通販どれが良いのか

MENU

白米とおかゆのカロリー比較をしてみました|おかゆダイエットの参考に

ダイエットに興味がある人なら、「おかゆダイエット」を聞いたことがあるでしょう。これは主食をご飯からおかゆに変えて、摂取カロリーをおさえる方法です。おかゆですから水分もたくさんとれて、空腹感がわりと少ないことから、続けやすいダイエット法だといわれます。カロリーダウンしやすいダイエット法ですが、実際に白米とおかゆのカロリーってどれくらい違うんでしょうか。

 

150gの全かゆは、ご飯よりも134キロカロリーのダウン

普通に炊いたご飯をお茶碗1杯に入れると、だいたい150gで約240キロカロリーです。おかゆはどうかと言えば、全かゆ150gで約106キロカロリーです。白米と同じ重量の全かゆでは、134キロカロリーも差が出ます。1食をおかゆに変えるだけで134キロカロリーがへるなら、効果が高いですね。
ちなみに全かゆというのは、お米1:水5の比率で作るおかゆのことです。全かゆは水分が多いですが、かなりお米の感じが強く残っているので、食べていても「量が少ない」「食べ足りない」と思うことが少ない。ですから1日のうち1食分をご飯から全かゆに変えても、それほどつらくない状態なのでカロリーダウンが続けやすいんです。

 

5分かゆだと186キロカロリーもダウンできるが空腹感もあり

かゆには、5分かゆや7分かゆなどの種類があります。5分かゆは米1:水10の割合で作ったおかゆです。水分に対してお米の量が少ないですから、おなじ150gにしてもカロリーはもっと低くなります。150gあたりで約54キロカロリーです。これはご飯と比べると186キロカロリーも減らすことができ、かなり効果的にカロリーダウンができます。
ただし難点もあって、5分粥となると水の量が多くなるので、食べた感じが少なくなります。人間は食べるものを目で見て満腹を感じるところもあるので、五分かゆくらいだと「いつもと違うなあ」と感じやすくなり、空腹感が出てくるんです。

 

7分かゆなら食べごたえもカロリーダウンも両方OK

そこでおススメは、7分かゆです。これは米1:水7の割合で作りますから、適度のお米粒が残り、固形物を食べたという感覚があります。七分かゆは150グラム当たり約75キロカロリーですから、五分かゆほどはカロリーを減らせませんが、それでもご飯150gよりは165キロカロリーもダウンです。これって、だいたいマルセイバターサンド1個分をセーブしたことになるんですよ。おかゆダイエットを長く続けるには、全かゆか七分かゆにするといいですね。