新潟県魚沼産のコシヒカリってなんで美味しいの?

MENU

新潟県魚沼産のコシヒカリってなんで美味しいの?

同じ品種でも産地によって食味が変わったり、するのは例えば特Aが地域ごとであることからもわかると思います。20年以上連続してこの特Aランクをとり続けている魚沼産コシヒカリはなぜ美味しいのでしょうか。

 

魚沼地域の気候が大きくかかわっていると考えられています。魚沼は盆地になっているため、一日のなかでの気温の差が大きいです。昼間温かく、夜涼しいことで稲の消耗するエネルギーが少なくて済み、稲にでんぷんが大量に蓄えられることになるのです。また、夏場には晴天が多いこともエネルギーをためやすいこともあると思います。

 

他にはやはりお水の綺麗さが重要で、この地方は新潟県の中でも特に雪が降る地方になります。田植えをする6月ごろにちょうど雪解け水大量に湧き出て美味しいお米になるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

精白米と相性の良い国産の「雑穀米」

後入れタイプの雑穀米はご飯の味を落とさずに栄養価を上げることができるので嬉しいですね。我が家もお弁当は色つきご飯が良いということで、一日一食は食べるようにしています。

くまもんが可愛い熊本さんの雑穀米が優れているのは、使用されている穀物はすべて純国産ということ。いくら栄養価が高くてもどんな農薬を使っているかわからないのは不安すぎますよね。

麦の香りがよくて、栄養価も高い。
現在50%OFFで購入できるようですので、一度試してもらいたいなと感じてます。 

↓↓クリックしていただければ詳しい情報がみれます。↓↓
新潟県魚沼産のコシヒカリってなんで美味しいの?