玄米の賞味期限|長持ちかすぐダメになるのか

MENU

玄米の賞味期限|長持ちかすぐダメになるのか

以前、精米したお米の賞味期限について書きました。
近年健康ブームもあって、お米に混ぜて食べるなど意外と身近になってきた玄米。ビタミンなど栄養価が高いのが特長ですね。白米に混ぜる場合には意外と玄米を消費しない方は多いと思います。いったい賞味期限はどれくらいになるのでしょうか。

 

実は玄米は白米と違って保存期間が長くても美味しく食べることができるのです。保存状態にもよりますが、1年間は美味しい状態を保つことができます。ただし、白米と同様に保存方法にはしっかり守らなければならないことがあります。

 

  • 直射日光を避ける
  • 高温多湿を避ける
  • 密閉する

 

ジップロックなど密閉できる容器や袋に入れて野菜室に保管するのが良いと思います。ひんやり涼しくて、日光が当たらない。絶好の保管庫になると思います。

 

 

玄米の美味しい配合について

玄米と白米をブレンドして炊くときに最も美味しいと感じられる配合はどの程度でしょうか。個人的には白米100%が最も美味しいと感じますが、玄米の食感と栄養を考えて最適な配合を考えてみます。

 

好みはありますが、白米2と玄米1の割合が良いと思います。これ以上玄米を多くしてしまうと白米の甘みが感じにくくなります。また、このくらいの割合で調合すると玄米の旨みが程よく入り、美味しく感じやすいです。

 

栄養価についても、白米2:玄米1で混ぜた場合には玄米の30%程度の栄養を追加することができるので、食物繊維やビタミンを摂取したい方には良いと思います。
この配合を基準にしてお好みの配合調整をしてみてください。

 

 

 

精白米と相性の良い国産の「雑穀米」

後入れタイプの雑穀米はご飯の味を落とさずに栄養価を上げることができるので嬉しいですね。我が家もお弁当は色つきご飯が良いということで、一日一食は食べるようにしています。

くまもんが可愛い熊本さんの雑穀米が優れているのは、使用されている穀物はすべて純国産ということ。いくら栄養価が高くてもどんな農薬を使っているかわからないのは不安すぎますよね。

麦の香りがよくて、栄養価も高い。
現在50%OFFで購入できるようですので、一度試してもらいたいなと感じてます。 

↓↓クリックしていただければ詳しい情報がみれます。↓↓
玄米,通販,賞味期限