土鍋でのご飯の炊き方と美味しく炊くコツは?

MENU

えっ?こんなに簡単なの?たった3つのコツでおいしい土鍋ご飯を炊く方法

土鍋でのご飯の炊き方と美味しく炊くコツは?
ご飯の味は炊き方によって大きく違ってきます。
土鍋で炊いたご飯は甘くておいしいと聞きますが、やり方がよくわからない…。ただ、土鍋で炊いたご飯にはおこげが自然にでき、これがまた旨みが濃くなっていて美味しいですよね。

 

今回は、家庭にある鍋料理に使用する土鍋を使った炊飯方法とおいしく炊くコツをご紹介します。

 

安心してください、実はそれほど大変じゃないんです。

 

洗米はいつも通り、最短でも30分は水につける

土鍋でのご飯の炊き方と美味しく炊くコツは?

 

土鍋でご飯を炊く場合も、炊飯器で炊くのと同じように洗米します。

 

洗米後は水につけておきますが、ここは最短でも30分はおきましょう。お米を水に浸しておくのは、お米の中心部分のでんぷんにまで水を浸透させるためです。最短30分、お米が新米かどうかや品種によってさまざま、上限は2時間で調整するのが良いでしょう。

 

土鍋でのご飯の炊き方と美味しく炊くコツは?

 

水につけた後のお米はざるにあげ、お米を計った計量カップで2合を炊くなら2杯分の水、3合なら3杯分の水を入れます。1合につき200mLのお水で炊き上げましょう。

 

お水は昆布水でも大丈夫です。ただ、上等なお米の場合には旨みは追加しなくても美味しいです。良いお米を手に入れたら、まずはお水だけで炊き上げてみて☆

 

土鍋でのご飯の炊き方と美味しく炊くコツは?

 

我が家の土鍋は、一応伊賀焼(いがやき)を使っています。最近ごはん専門の土鍋を作っている、「長谷園」さんのものです。土鍋で有名なのは伊賀焼か萬古焼だそうですよ。調べた結果これにしました。

 

 

強火で一気に炊き、蒸らし時間をとる

土鍋でのご飯の炊き方と美味しく炊くコツは?

 

炊飯するときは、強火で一気に行きます。よく「ご飯を炊くのは、はじめチョロチョロ中パッパだから、最初は弱火で」という人もいますが、あまり気にしなくても大丈夫です。最初から強火で加熱していきましょう。

 

強火で加熱していると10分程度でフタの穴から湯気が上がり、周囲に泡が出てきます。

 

泡がフタを一周するくらいになったら火を止めましょう。ここから、蒸らしに入ります。

 

蒸らしは15分

 

15分経ったらフタを開けてご飯をほぐします。土鍋の底からすくうようにして、ご飯全体に空気が入るようにほぐして、余分な蒸気を抜いていきます。仕上がりのおいしさを左右する作業ですから、蒸らしが終わったら必ずほぐしましょう。

 

火にかけたら蒸らし終了までフタを開けない

土鍋でのご飯の炊き方と美味しく炊くコツは?

 

これで土鍋ご飯の出来上がり。とても簡単ですね。土鍋でおいしいご飯を炊くコツは、洗ったお米を鍋に入れて加熱し始めたら、蒸らしが終わるまで一度も鍋のフタを開けないことです。

 

慣れないうちはご飯の状態が気になり中をチェックしたくなりますが、我慢しましょうね。

 

最初の水加減と、火を切るタイミングを忘れなければ、ほとんど失敗することはありません。

 

 

以上のように、3つのことに気をつければ意外と簡単に炊き上がります。

 

土鍋は保温効果が高いので蒸らし時間でよって芯が残ってもおいておくとちょうどよくなることもあります。おいしいおこげもできますし、ご飯をより楽しむことができますよ。是非試してみてください☆

 

 

わたしが使っている土鍋のご紹介

我が家で使っている土鍋、私は現地で購入しているのですが楽天市場に商品在庫あるようです。

 

土鍋でのご飯の炊き方と美味しく炊くコツは?

 

茶色いざらざらした地に緑色釉薬がかかっていて美しいです。

 

かかり具合は一つずつ手作りで選べませんが、運に任せての購入になります。一点ものの楽しみがあっておススメですよ。

 

 

土鍋でのご飯の炊き方と美味しく炊くコツは?

 

 

 

 

 

 

関連ページ

スーパーで美味しいお米を見分ける方法
お米は通販で購入するものと思っていますが、それでもスーパーで買いたい方になるべく美味しい精白米の見分け方を教えます。
お米を炊くときの水加減|軽量カップで量をはかる
お米を炊くときに重要なのが水加減です。炊飯器に入れてボタンを押せばよいのですが、土鍋で炊きたいときなどで困ったときの情報です。お米の量が計量カップでどれくらいになるか、ご飯1合は何グラムかなど、目安になる計り方を紹介します。
美味しいご飯を炊くためのお水の条件とは?
白米を炊くにはやはり美味しいお水で炊いた方が良いです。お米はもともと水分が少ないのでお水をたくさん含ませて炊き上げますよね。蒸気としてなくなっていくもの以外にもしっかりとお米の中に入って旨みになるんです。
お米を美味しくたけるお水があるって本当?
米の品質選択と同じ位に、炊飯時の水は大切なんです。米を炊いたり洗米時には大体10%程度の水が米に吸収されるとされます。どんなお水を選べばよいのでしょうか。
美味しいご飯を炊くために必要な「蒸らし」のやり方
ご飯の蒸らしはお米の表面にある水分をお米全体になじませる効果と、釜全体への炊きムラをなくす効果があるんです。蒸らしの時間が短い場合には芯が残ったような硬めのご飯になります。逆に長く保ちすぎるとお米表面の水分に由来する粘り気がでてきて、お米の粒がつぶれてしまうことになります。
美味しいお米をさらに美味しくする裏技|家庭用精米のオススメ機種
おいしいご飯を食べたいそんなときには銘柄ブランド米を購入すると良いのですが、さらに美味しくするために効果的な方法として精米した直後に炊飯する方法があります。家庭用精米機特集してみました。
玄米が炊ける電気炊飯器3選
最近では電気炊飯器の進化がすごいんです。玄米はパサつきがちですが、ふっくら美味しく炊飯することができる機種が多く販売されてます。オススメの機種を紹介します。