玄米について

MENU

玄米について

玄米とは籾から籾殻(もみがら)を取り除いたものです。玄米を精米することで一般的に食べられている白米になります。

 

玄米は精米したものよりたんぱく質、脂質、ミネラルが多いです。白米と同じ炊飯方法にすると、水分が浸透しきらないことにより、消化が悪く、食感も悪いものになります。

 

玄米は正しい炊飯方法や、分つき米という一定のぬかを取ったお米にするなどお気に入りの条件を見つけてあげることで、より栄養価の高いお米をメインに食事をすることができる可能性があります。

 

当サイトでは玄米や各種分搗き米の炊き方や美味しいお米の紹介をしてまいりますので、是非楽しんでいってください。

精白米と相性の良い国産の「雑穀米」

後入れタイプの雑穀米はご飯の味を落とさずに栄養価を上げることができるので嬉しいですね。我が家もお弁当は色つきご飯が良いということで、一日一食は食べるようにしています。

くまもんが可愛い熊本さんの雑穀米が優れているのは、使用されている穀物はすべて純国産ということ。いくら栄養価が高くてもどんな農薬を使っているかわからないのは不安すぎますよね。

麦の香りがよくて、栄養価も高い。
現在50%OFFで購入できるようですので、一度試してもらいたいなと感じてます。 

↓↓クリックしていただければ詳しい情報がみれます。↓↓
玄米,通販

玄米について記事一覧

お米は通販を利用することで、精米したてのものを入手できたり、重たいお米を自分で運ぶ必要がないなど、利点は多いです。同様に玄米も通販で購入することで、新鮮なものや純国産などスーパーでは購入できない特長をもったお米などを購入できます。玄米は健康に良いイメージがありますよね。実際にはメリットだけでなく、知っておいて欲しい情報などもありますので、実際に玄米って何がすごいのかという情報は把握してから購入する...

毎日なにげなく食べているお米。お米には精米の具合によって玄米と精白米に分けられます。ところでお米に関する呼び名は、玄米と精白米、白米などたくさんあります。精白って何のことで、精白米と玄米は何が違うのか。いろいろくわしく見てみましょう。玄米から、ぬかと胚芽を取り除く作業が「精米」お米は、収穫後にもみ殻を取り除いて貯蔵します。これが玄米です。玄米には茶色っぽい皮が残されていて、食べるときに皮を取り除き...

以前、精米したお米の賞味期限について書きました。近年健康ブームもあって、お米に混ぜて食べるなど意外と身近になってきた玄米。ビタミンなど栄養価が高いのが特長ですね。白米に混ぜる場合には意外と玄米を消費しない方は多いと思います。いったい賞味期限はどれくらいになるのでしょうか。実は玄米は白米と違って保存期間が長くても美味しく食べることができるのです。保存状態にもよりますが、1年間は美味しい状態を保つこと...

分づき米は白米の美味しさと玄米の栄養価の両方の良い部分を味わえる健康に関して注目されているお米です。お米の通販で分づきの程度を変えられるお店をランキングでお伝えします。分づき米をすごく簡単に説明すると、玄米の外側の層を完全に削り落としたものが白米。白米になる前に削るのをやめた玄米と白米の中間的なお米が分づき米になります。玄米に対して精米を行って胚芽やヌカ層を殆ど取り除いたものが精白米であり、広く親...

お米の精米方法によって名前が異なる玄米、発芽玄米、胚芽米。精米の程度を調整することによって、白米よりも栄養価が高い部分を残したお米です。玄米とは稲から脱穀したモミから、モミ殻を除いた状態のお米のことを言います。玄米を精米してぬかを取り除いくと白米になります。この玄米は胚の部分とぬかが残っているため、ビタミンやミネラル、食物繊維といった成分が豊富に含まれているのが特徴です。見た目はぬかが残っているた...

玄米を炊くとボソボソして固くなってしまう方は多いのでしょうか。お水につけているけれど時間が短いのか、何か特殊な処理をしたりするのでしょうか。お店で食べる玄米はモチモチして美味しいのに自宅で食べた時にあまりに硬くて驚きますよね。今回は正しい玄米の炊き方についてお伝えします。美味しい玄米の炊き方玄米の表面にはぬか層は結構硬いため、うまく水分を入れておかないと炊き上げた時に硬さが消えずに口当たりがボソボ...

健康ブームの中で酵素玄米が体に良いと言われていますが、いったいどうして身体に良いのか知っておくとよいでしょう。理由がわかればさらに必要な栄養素や健康法について知識ができるからです。酵素玄米が健康に良いとされる理由は、大きく2つ食物酵素の補填高い栄養素の摂取となります。人間が活動する上で実は、酵素というのは欠かせません。細胞の中にも消化器官の中にも酵素は存在します。体内に酵素がない部分というのはない...