お米の味を決める要素って何なの?

MENU

美味しいお米ってなんで旨いの?味の決め手となる要因を確認してみよう

お米の味を決める最大の 要因は、 このブログでも紹介している通りお米の品種です。 様々な品種改良が古くからされており懐中に強く甘くそして瑞々しいというような特徴を持つお米が開発されていて基本となるのはやはり品種の味。

 

他にはどんな要素があるのか見ていきましょう。

 

美味しさのひみつ|土地の気候

まず大きいとされるのはお水とその土地の気候です。気候が味を決める大きな要素の一つですが最近はその影響が徐々に小さくなってきたようですがそれでも尚土地の影響というのは大きいです。気候の影響が小さくなってきたというのはその地域の気候に合った美味しい品種が開発されてその土地でベストな状態のお米がとれるようになってきたことにあります。

 

 

美味しさのひみつ|栽培のお水

また、他の要因としてのお水ですが昔は全国川の上流の方が綺麗なお水が流れているため美味しいという風にされてきていました。 近年では浄水のシステムが発展しているので昔ほどの影響はないでしょう。

 

美味しさのひみつ|田んぼの栄養

そうすると何が飲酒以外で影響があるかと言うと、田んぼの土の質これは今でも大きな影響を持っている要因だと感じます。 家はいくら肥料を入れたとしても元々の土地の栄養に比べるとごくわずかなものですので、 美味しいお米が取りやすい土地というのは存在します。 上手な農家さんと言うのはこの口の品質を一定に保つような努力をしているんですね。

 

美味しさのひみつ|農家さんの愛情

農家の腕の見せ所と言うと、他には収穫後の乾燥のさせ方というものがあります。 お米は収穫後昔ながらの天日干しでゆっくり干す乾燥方法をとると程よい甘さが入った美味しいお米になることがわかっています。

 

乾燥付きならない嫌や湿度の高い環境では、暖房機器をを使って乾燥させるような方式も存在しますが、 この急激な乾燥はお米にはあまりよろしくないです。

 

まとめ

 

現代においてお米の味を最も良くするためには、まずは品種を選ぶことと良い農家と提携しているお米屋さんから購入することです。 スーパーや百貨店などで購入するのも悪くないのですが、 お米専門のバイヤーがいるお店で購入した方がハズレを引く可能性が低くなると感じています。

 

私 私は実家で取れているお米を食べることもありますが、 こだわりのお米ですので外で美味しいとされるお米を食べても、物足りなさを感じてしまいます。 このブログで紹介しているお店は、 他の品種を食べたくなって使ってよかったもののみを乗せていますので ランキングやおすすめのお米から選んでもらえればはずれはないです。

 

精米したてのお米を売ってくださるお店ばかりですので安心して購入してくださいね。