おにぎりに合うお米の条件は?

MENU

おにぎりに合うお米の条件・品種について紹介します

日本人なら美味しいおにぎりは、いつでも食べられる飽きのこない伝統的な食事となっているでしょう。今回はおにぎりにするのに良いお米の条件とその条件を満たすお米の品種を紹介します。

 

おにぎりで美味しいお米の特徴は?

お米の特徴はいくつかありますが、まず大切なことは

 

  • 粒がしっかりしている
  • 弾力がある
  • 水分が飛びにくい
  • 冷めても美味しい

 

この4つは間違いなく満たしておくと良いです。

 

粒がしっかりしている、弾力があるの2つの要素は食べた時にほろほろっと粒を感じられるような食感になるための条件です。

 

おにぎりは外側は固められているけれど、中はふんわりしているというものは美味しいですよね。プロの作るおにぎりは空気感を感じられるものです。

 

また、水分をとどめておけるだけの水気と冷めた時の味は、時間が経つほどに味に影響を与える要素です。

 

おにぎりはお茶碗に入れて熱々で食べるよりも、少なくとも手にもって熱くない程度に冷めてから食べるものですので、温度によって甘さが失われてしまったり、パサパサとしてしまうお米は残念ながらおにぎりにはふさわしくありません。

 

私がおススメする品種は後述しますが、もし私が紹介するもの以外でどうやって判断すればいいかというと、簡単に判断するなら温かいご飯の状態で良いので

 

モチモチした食感

 

があるかどうかで決めてもらったらよいです。冷めた状態はわかりませんがモチモチと弾力があるものは冷めてもお水と甘みを維持しやすい傾向があるからです。実際その判断で美味しいものがあったら私にも教えてくださいね。

 

 

最近開発されている品種はおにぎり向き

近年開発されて品種が発表されているものは、おにぎりにして美味しい特徴を備えていることが多いです。

 

このブログで紹介したものですと、新之助青天の霹靂が正にそれです。

 

というのも最近のお米はお米の設計段階でおにぎりにも照準を合わせた改良を行っているからです。おにぎりはお米の味の評価で必ず確認される項目です。将来的に特Aランクのお米を目指そうと思うのであれば食味をそちらの評価にある程度寄せておく必要があるんですね。

 

おにぎりに合う品種

おにぎりに合う条件に付いてわかりましたが、実際に買うべき品種も気になりますね。当ブログで紹介したものと外食で私が食べたもので気になったものについて紹介します。

 

コシヒカリ

美味しいお米の代表でもあるコシヒカリは冷めても美味しいと評判です。特に新潟県の魚沼地方のものは格別です。山間地だからこその味があるようで、魚沼のコシヒカリにはファンが多いです。甘みは最高レベルで程よい弾力で美味しい。

 

ヒノヒカリ

近年食味ランキングで特Aの評価が出ているヒノヒカリも、弾力と表面の艶があって食べていて気持ちの良いおにぎりに仕上がります。炊き上がりこそやや硬いように感じられるかもしれませんが、冷めて結んだ時の感覚は非常に楽しさがある。

 

にこまる

大粒の米粒で食べた時の食感が楽しいお米の品種です。高知県の自然豊かな地域で作られるお米。同じ高知県の「土佐天空の郷」は高知県の本山町で栽培されるブランド米だが、同じ特徴を持ち美味しいおにぎりが作れる。