お米ダイエットのやり方|柏原ゆきよさんのオススメ

MENU

お米ダイエットのやり方|柏原ゆきよさんのオススメ

お米ダイエットのやり方|柏原ゆきよさんのオススメ

 

何を食べても太るから、とりあえず一番太りやすそうな炭水化物=お米を食べるのを控えている。こういう人は多いでしょう。とくに最近は糖質制限ダイエットが流行で、糖分をたくさん含むお米はダイエットの敵という感じです。しかし、逆にお米を食べて痩せよう!というお米ダイエットにも注目が集まっています。

 

エドはるみさんが成功したお米ダイエット

お米ダイエットは、管理栄養士の柏原ゆきよさんが考案・提唱しているダイエット法です。これはお米と味噌汁、おかずを一定のバランスで食べることによって、体の代謝を上げて痩せようというものです。運動はウォーキングなどの軽めのものを併用すればよく、長距離のランニングなどハードトレーニングは必要ありません。
大事なのは、お米(ご飯)6:おかず4のバランスを守って食べることです。このお米ダイエットで、芸人のエドはるみさんは、なんと49歳にしてダイエットの成功。体重が54.4キロ→49.8キロ、体脂肪率が30.4%→22・7%に減少したそうです。体重ダウンもすごいですが、49歳で始めて、数字として結果が出るダイエット法というのはすごいですね。

 

お米と根菜の具沢山味噌汁を食べるのがコツ

お米ダイエットを成功させるには、お米と発酵食品(味噌汁)をバランスよく食べるようにすることです。初めのうちは、6:4のバランスがよくわからずに大変だと思うかもしれませんから、お弁当箱に1食分を詰めてみるといいでしょう。一つのお弁当箱にご飯を6分目しきつめ、残った場所におかずを入れておくのです。

 

おかずは何でもいいのですが、エドはるみさんは具沢山のお味噌汁をメインのおかずにしていたそうです。味噌は発酵食品ですから体の代謝をあげやすい。そこへ根菜や大豆製品(豆腐・油揚げ)などをたっぷり入れると栄養バランスも良くなります。脂っぽいおかずの量が減り、ご飯を一杯食べるので空腹感もなく、おすすめのダイエット法です。

 

炭水化物はお米だけ、パンもパスタもなし

お米ダイエット中は、炭水化物はお米でとります。パンやパスタ、麺類は週に1回にするなどして、ご飯メインの食事に切り替えましょう。おやつも基本的にご飯で。お菓子は食べずに、小さめのおにぎりにするなど、食生活をお米中心に変えていくと、良質の糖分が常に供給されている状態で、空腹感が減りますよ!
ただし、糖尿病や予備軍など食後の血糖値が上がりやすい人にはNGのダイエット法です。あくまでも健康な人が対象なのでご注意ください。

 

ダイエットは無理をするとリバウンドや栄養失調などが起こります。急に減らそうとするのではなく、生活習慣を徐々に変えるつもりで進めると良いと思います。

 

 

 



 

 

関連ページ

ダイエット中のご飯を食べる時間について
お同じものを食べているのに、すぐ太ってしまう人と太りにくい人がいます。何が違うのかといえば、おそらくご飯を食べる時間でしょう。特にお米はいつの時間まで食べて良いか知りたいですね。
ご飯のカロリーは?1合、お茶碗一杯あたりでどれくらい
ご飯は主食として1日に何回も食べるものです。それだけに、ダイエット中はカロリーが気になります。カロリー計算のためにも、お米1合とお茶碗一杯分のカロリーをしっかり把握しておきたいですね。ついでにご飯はダイエットに向いているのかも知りたいところです。
お米食べるダイエット|伊達友美先生の方法とは?
これまでに5000人以上の食事を指導してきた管理栄養士の伊達友美先生によれば、これまでに炭水化物を食べながらダイエットを行えるらしいです。炭水化物を減らし過ぎても太りやすい体質になると言われます。
冷ご飯ダイエットの方法
普段から食べているご飯を冷ご飯に食べるだけでもダイエット効果が高いと言います。特に夏に向けてとても相性が良い注目のダイエット方法について調べてみました。