赤ちゃんは雑穀米はいつから食べられる?

MENU

赤ちゃんは雑穀米はいつから食べられる?

栄養価が非常に高いことから健康を気にする方に注目されている雑穀米ですが、赤ちゃんはいつから食べられるようになるのでしょうか。子供にも健康に良い食品を上げたいと思うのは親心ですね。

 

赤ちゃんに雑穀米を上げても良いとされるのは、

 

3歳以降

 

とするのが良いようです。というのも、雑穀米は大人でもよく噛まないと消化が悪いといわれるほど、分解するのにたくさんの消化酵素が必要になります。まだ歯の生えていない赤ちゃんには少々強すぎる食べ物であると言えます。

 

昔の人は雑穀で育ててたのだから大丈夫、と考える方もいらっしゃるでしょう。医学は進歩しているので、昔と比較せずに消化の良い、赤ちゃんに適当な食品をあげてください。

 

また、3歳以降になってもすぐに大人と同じ状態にせずにおかゆにしたり、少量ずついれてみたりとなるべく急激に消化器官に刺激を与えない心がけも必要になります。

 

乳幼児に雑穀米は避けるべき理由

消化しにくいということだけでなく、アレルギーについても注意しなければなりません。雑穀米では最低でも5種類、多いものでは30種類以上の食品を配合されています。玄米や胚芽米だけでもアレルギーを起こしやすいといわれますので、他の雑穀がアレルギーの原因になってしまう可能性は非常に高くなってしまいます。

 

雑穀米は食物繊維が多い食品です。食物繊維は消化することができない成分のため、乳児や幼児にの発達しきっていない消化器官ではあまり良い影響をあたえません。大人が食べると糖質の吸収などを遅らせる効果などから、血糖値を抑制したりお通じを良くするなどの効果があります。

 

大人の健康食品と思って楽しむのがよさそうです。